RAILSIDE WORKS

E001系「トランスイート四季島」、7両編成で性能確認試運転

J-TRECが製造する5~7号車が納車されていない段階で早くもスタートした、E001系「トランスイート四季島」の試運転。秋雨前線の停滞により曇天・雨天が続くなか、昼間帯での試運転4日目となるこの日、ようやく太陽が顔を出した。
日曜日ということもあって大勢のファンが集まった偕楽園を、軽やかに駆け抜けていった。
ネットの一部で「イモムシ」と揶揄されるのもわからないでもないが、中間車が組み込まれるとまた印象が変わるのだろうか…。

9月の飛び石連休に有休消化をくっつけた4連休は、どこか遠くへ旅に出ようと意気込んでいた。なのに、現実はいつまでも降り続く雨…。3日間、家から出る気にもならず、半ば鬱になりかけていた。
ようやく天候が回復した連休最終日、我が家から逃げるようにこの場所へとやってきたのだった。

休日ということもあり混雑が予想されることから、余裕をもって列車通過の約4時間前に現地入り。
列車が来るまでの間、私の隣に三脚を立てていた方と雑談をしていたら驚くほど話題が合う…。よくよく話してみた結果、かつて私が中学生の時に熱心に訪問していた新幹線関係のBBSでよく見かけていた方と判明。お互いハンドルネームに覚えもあり、約15年越しの初対面となったのだった!
さらにその後、彼の繋がりでやってきたのはかつて静岡で会って以来約8年ぶりの再会となる方、そして、最近静岡でよく会う方。
まさかこんなところで皆さんに会うとは思わず、同窓会のような(?)不思議な高揚感に包まれた撮影になった。

大学進学とともに地元を離れて以降、私は関東を転々とする生活になってしまった。一つの路線に固執して、撮影地や掲示板を通じて顔見知りの仲間が増えて行ったあのころが、懐かしく羨ましくなった…