RAILSIDE WORKS

555円航空券で秋の道東巡り~3日目~

昨年10月の987円航空券で行く長崎・五島列島旅行以来、1年ぶりとなる格安航空券セールでの旅行。今回は春秋航空の“5周年アニバーサリーセール”第一弾として売り出された国内便555円航空券を使って、秋の北海道・道東を巡った。
1日目は層雲峡観光をして網走まで2日目はサロマ湖と知床を観光、そして今日3日目は屈斜路湖から足寄町を経由して新千歳空港へと戻ります。

硫黄山(アトサヌプリ)

2019年10月10日、屈斜路湖畔の川湯温泉で迎えた、この旅3日目の朝。
この日の天気予報は出発前から変わらず快晴。窓の外を見ると、確かに3日間の中で一番安定した快晴の空が広がっていた!
サッと温泉に入って体を温め、朝7時には宿を出発。まずはすぐ近くにある硫黄山(アトサヌプリ)へ行ってみた。

硫黄山駐車場
快晴の下、駐車場には我々だけ(笑)

真っ裸の山肌からは蒸気がモクモク。近づいていくと鮮やかな硫黄の隙間からゴーゴーと音が響いている。どこかで生卵買って持ってくれば良かったなぁ(笑)

硫黄山の山肌から噴出する蒸気
山肌からは、大量の蒸気が噴出していた
硫黄がびっしり付着している噴出孔周辺
噴出孔の周辺には硫黄がびっしり

神の子池

硫黄山(アトサヌプリ)の後は、摩周湖の北に位置する“神の子池”を見に行くことに。この辺りは東西に伸びる道路がないため、直線距離では約10kmなのに道のりだと約35kmの遠回りに…。
道道1115号から林の中へ入っていくと、舗装はされていないもののそれなりに整備された林道が続き、その先に駐車場が設けられていた。インターネットで拡散され有名になり、整備したのだろう。
林の中に現れた池は、エメラルドグリーンに澄んでいて美しかった。ちょっと、静岡県の柿田川湧水群に似ている。

神の子池
神の子池。この池で泳ぐ魚になりたい。

キンムトー(沼湯)

神の子池を見た後は再び屈斜路湖方面に戻ったのだが、途中、硫黄山の南側の“池の湯林道”を経由して“キンムトー”と呼ばれる秘境の沼を訪れてみることにした。

池の湯林道
キンムトーに向かう“池の湯林道”。舗装はされておらずガタガタ。

慎重に車を走らせながら林道を約5km進むと、“キンムトー”の看板が現れる。ここから先は約10分歩かなくてはならない。車から降りると辺りは静かで、熊でも現れそうな雰囲気だ。昨日、知床五湖で受けたレクチャーのとおり、後輩と2人、手を叩いたり声を出しながら進んでいくと、突如、視界がパッと開けた!キンムトーだ。

キンムトー
ここがキンムトー、秘境感がすごい!
キンムトー
どこを切り取っても良い画になる
キンムトー
紅葉はもう少しかな

水面は泥っぽく濁っていたが、手前の白樺と奥の森が良いアクセントとなり、秘境感がすごかった。聞こえるのは鳥のさえずりと風が揺らす木の葉の音だけ。ずっと居たくなるような場所だった。

コタン温泉で白鳥と混浴

キンムトーから林道を西に進むと、屈斜路湖畔に出る。少し南下したところにあるのが“コタン温泉”だ。屈斜路湖を一望できる無料の露天風呂。ここも6年半前に訪れたお気に入りポイント!

コタン温泉
コタン温泉。目の前に広がるのは屈斜路湖。

適度な湯加減と、ほのかに香るコールタールの匂いが懐かしい。平日の午前中ということもあって、他に訪れる人もなく独占…と思いきや…

屈斜路湖に浮かぶ白鳥の親子
遠くから白鳥の親子がやってきた!

白鳥の親子が温泉の前まで来て一休み(笑)素敵な混浴になった。

コタン温泉の前で休憩する白鳥の親子
白鳥も温泉が好きなのかな

エゾシカバーカー

ここまでのんびりと観光して、気づけば朝10時。
夕方には新千歳を発たなければならないので、少し急ぎ目に最後の目的地“オンネトー”を目指し、国道241・240号線を西へ進む。
途中、 道の駅 摩周温泉に立ち寄ってちょっと遅めの朝飯に“エゾシカバーガー”を買ってみた。あっさりしていて美味しい!

道の駅 摩周温泉_エゾシカバーガー
エゾシカバーガー

オンネトー

いよいよ最後の目的地、“オンネトー”へ。この旅は湖ばっかり巡ってるなぁ…(笑)
さすがに観光地ということもあって、平日ではあるが駐車場がちょうど満車になるくらいの人出。
車を降りると目の前に見えたのは、快晴の空・紅葉・そして水面に映る雌阿寒岳と阿寒富士!すべてが揃った絶景!ずっと見ていたい眺めだった。

オンネトーと 雌阿寒岳・阿寒富士
オンネトーと 雌阿寒岳・阿寒富士

インデアンカレー

この旅で観たかった景色はこれでおしまい、あとは新千歳空港に向けて無事帰るのみ。途中、同行する後輩のオススメで、帯広のソウルフード“カレーショップ インデアン”で昼食をとることに。

カレーショップ インデアン 音更店
カレーショップ インデアン 音更店

友人曰く“ツウな頼み方”で「インデアンカツ」をいただく。ルーが濃厚で旨いなぁ!近所にあったら毎週行きたいカレーだ。

カレーショップ インデアン_インデアンカツ
インデアンカツ

このあとは引き続き道東自動車道を西に進み、17時25分、春秋航空IJ834便に乗って成田空港へ。
天気に振り回されたものの、結果的には非常に満足度の高い旅になった。

交通費まとめ

後輩と2人旅なので、道内の移動は1人あたりの金額。
自宅から成田空港までの交通費を除いて、3日間で約21,000円。当初計画していたJRの“秋の乗り放題パス”は使えなかったけれど、鉄道では行けない場所も沢山巡れたので良かったかな。

春秋航空 成田空港~新千歳空港 ¥1,805
タイムズカーレンタル コンパクトカー(2.5日) ¥5,770
NEXCO東日本 道央道・道東道ほか ¥6,320
ガソリン 77.62L ¥5,585
春秋航空 新千歳空港~成田空港 ¥1,805
合計 ¥21,285

Trackback URL

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください